レーシックの種類と違いは?

レーシックの違いについて

レーシック手術は、どんなものでも、手順そのものは同じです。

 

点眼で麻酔をし、フラップを作成してそれをめくった上で、角膜を必要分削り、フラップを戻して一定時間安静にすれば終わりますから、どの術式でも所要時間として大体30分もすれば終わります。

 

ではレーシックには何故色々な種類や呼び名があるのかというと、フラップを作る際に使う機器などの違いによるものです。

角膜を削る手術

ケラトームレーシックは、一番最初に開発されて普及したレーシックといっていいでしょう。フラップを作るときにケラトームというカンナのようなものを使うタイプのレーシックです。

 

これに対して、イントラレーシックやZレーシックは、フラップを作る際にも、角膜を削る際にもレーザーを使用し、そのレーザーの違いによって術式の呼び名も区別されています。

 

イントラレーシックやZレーシックでは、コンピュータ制御でレーザー機器を扱うため精度が高い上、フラップも薄く作れるという利点があり、またイントラレーシックで作ったフラップは強度があるのでズレにくいといわれています。

 

Zレーシックは、角膜を削る際にアマリスという機器を使用しますが、こちらは目の動きを正確に察知してそれに合わせてレーザー照射する能力に長けています。

角膜上皮を使用するもの

ラゼックやエピレーシックと呼ばれる術式は、フラップを角膜の一部ではなく角膜上皮を使って作ります。

 

これにより、削れる角膜の期待値が大きくなりますし、角膜上皮によって作られたフラップは、自然治癒により角膜上皮が再生すると自然となくなりますので、そうなってからはフラップがズレるという心配をしなくて良くなります。

 

違いは、ラゼックではアルコールを用いて角膜を柔らかくして上皮を剥がすのに対し、エピレーシックではエピケラトームという機器で角膜上皮をめくってフラップを作るという点です。

 

角膜上皮をフラップにすることで、手術後にはイントラレーシックなどに比べると痛みを我慢する必要があったり、再生するまでは特に注意して目を保護する必要がありますが、激しい運動をする前提であれば、イントラレーシックなどより向いているとされています。

 

このような術式の違いと、メリット・デメリットを踏まえた上で、自分の目的に合ったレーシック術式を考えてからクリニック選びをすると良いでしょう。