視力回復レーシック手術の失敗

視力回復レーシック手術のメリット

視力検査する女性

視力回復手術はつまりレーシック手術のことです。どんな人が受けるのかというと、メガネやコンタクトが合わない方や職業上メガネやコンタクトがつけられない方などが多く受けています。

 

では実際視力回復手術は失敗はあるのか?絶対に成功するものなのか?1番気になるのは失明しないかということですよね。

 

そもそもレーシック手術というのは角膜の一部を削るので、他の眼球内部は触れないため失敗の症例はでていません。専門医が適切な手術を行えば失敗や失明の恐れはないと言えます。

 

しかし、非専門医や適切な手術が行われなかったときは失敗の可能性もあります。また合併症などの恐れもあるので受けようと考えている方はしっかりと医師に相談してから受けましょう。

 

また、レーシック手術のメリットはスポーツをおもいっきりできたり、見た目がよくなる事やメガネやコンタクトのお金がかからない、コンタクトによって角膜が傷つくことがないなど人それぞれですが、快適な生活を送れるようになるという点が1番のメリットです。

視力回復手術の体験談

 

レーシック手術を初めて行った方は、手術自体たったの30分程度だったと言っています。麻酔をしてレーザーを使っていきます。全く痛みもなく終わったそうです。

 

そして視力0.01が2.0になったそうです。

 

たったの30分でこれだけの効果があれば驚きですよね。手術跡は定期的な検査が必要になりますが、実際に体験した方は問題なく手術は成功しています。

 

視力回復手術は失敗例はいまのところ世界中でありませんが、不安なまま手術を行うことは避けて、不安があれば医師に相談、手術する病院選びも重要になってきます。

 

信頼できる医師や看護師、技術的な事だけではなくて精神的にもストレスなく手術が行えたらいいですよね。視力回復手術を考えている方は是非参考にしてみてください。