レーシックはどんな手術?

レーシックはどんな手術?

今、最先端の近視矯正医療技術は、レーザーを用いたレーシック手術です。

 

またこのレーシック手術の中にも、レーザーの種類などに合わせていくつかの術式があり、値段なども異なります。しかし、角膜を削って光の曲率を変えることで視力矯正を行う手術全般を「レーシック」と呼んでいます。

レーシックは角膜を削る手術です

レーシックでは、目のほぼ一番外側に露出している角膜という部分にレーザーを当て、薄い一枚の膜を作って蓋を用意した上で、更にその内側の角膜を必要な分だけ削り取ります。

 

そして、予め用意しておいた蓋(これをフラップと呼びます)で覆って元通りにします。

 

こうすることで、角膜の厚さが、元々よりも若干薄くなる訳です。どの程度薄くするのかは、近視の程度によります。

 

角膜が薄くなると、光の曲率が変わって、それまでは網膜よりも手前で焦点があっていたものが、網膜の方へ近くなるため、遠くのものを見たときにも焦点が合いやすくなり近視が矯正されます。

レーシックを受けるには?

このレーシック手術を受けるためには、まず事前に適性があるかどうかの検査を受ける必要があります。
前述の通り、角膜を削る外科手術ですので、角膜に一定以上の厚みがなければ追々角膜異常を引き起こすリスクがあるからです。

 

その検査を受けて、適性が認められれば、また改めてクリニックを訪れて実際の手術を受けます。
そして、手術の翌日、1週間後、3ヵ月後、5ヵ月後など、クリニック所定の定期検診を受けていくことになります。

 

ですからスケジュールとしては、術前検診・手術・術後定期検診(翌日・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・5ヵ月後)などの日程を空けておく必要があります。